ブログ|大森・平和島の歯医者なら沢田通り歯科

〒143-0016
東京都大田区大森北6丁目23-22
  • WEB予約
  • 大森・平和島・沢田通り歯科・電話
  • 大森・平和島・沢田通り歯科・メニュー
NEWS 新着情報
2018年10月1日(月)【ブログ更新】ブログ、ホームページをリニューアルいたしました 2018年9月25日(火)【ブログ更新】デンタルフェア 2018年9月18日(火)【ブログ更新】温泉旅行に行ってきました♨ 2018年9月14日(金)【ブログ更新】ホワイトニング   2018年9月13日(木)【ブログ更新】親知らず、必要? 2018年9月11日(火)【ブログ更新】プラークコントロールをしよう 2018年9月2日(日)【ブログ更新】爬虫類飼い始めました 2018年8月31日(金)【ブログ更新】楽しい食生活を 2018年8月27日(月)【ブログ更新】水族館 2018年8月25日(土)【ブログ更新】トリートメント

プラークコントロールをしよう2018年9月11日

大田区大森北の沢田通り歯科 歯科衛生士の吉川です。

 

世界ではiPhone XSの発売が発表され3次元顔認証の機能が話題を集めていますね。

顔認証の技術的なことは私には詳しく分かりませんが、指紋と同様にお顔の骨格の大小や歯の並び方は人それぞれに違います。

当医院では検診の際に、お口の疾患や口臭の原因となる「プラーク」の付着部位を確認するため歯に色を付けて、みなさんに分かりやすいようご説明をさせて頂いております。

これは、毎日のブラッシングの際、ご自身のお口の中でどの辺りにプラークが付着し易いかブラッシングの癖を確認していただき、上手にプラークコントロールして頂けるようになってもらうことが目的です。また、プラークが付着している所は虫歯や歯周病のリスクも高まりますので、気をつけていただきたい部位を確認するためでもあります。

虫歯や歯周病などのお口の疾患は予防できる病気です。

お口の疾患を予防するためには、ご自身でプラークコントロールを行っていくことが重要です。忙しい生活の中でいかに効率良く、そして、毎日継続して行っていけるセルフケアの方法もとても重要となってきます。人それぞれ違うお口の環境において、どの辺りにプラークが付着し易いのかも人によって違います。そのために私たちプロの目から見た、みなさまに合ったセルフケアの方法もご提案させていただきます。

同時に目標となる数値もみることができますので、ブラッシングテクニックの向上につながる目標設定を定めることもできます。ぜひ、今、ご自身が、どれくらいプラークコントロールできているか、確認してみてはいかがでしょうか!?

上手にプラークコントロールできるようになると、将来、残る歯の本数は必ず変わります!

そのために、歯科医師と連携しながら私たち歯科衛生士がお手伝いさせていただきます。

トリートメント2018年8月25日

こんにちは。
大田区大森北の沢田通り歯科 歯科衛生士の深谷です。
暑い日が再び戻って来ましたが,皆様いかがお過ごしでしょうか?

私事ですが、最近ばっさりと髪を切りましてロングからショートにしてみました。
理由はご想像にお任せしますが⋯
普段のケアはずいぶん楽になりました‼️
髪を洗ったり,トリートメントをしたり
他にもスキンケアで顔や体のケアをされている方は多いと思います。

が、、歯にもトリートメントがあるのをご存知ですか?
当医院では、髪やお肌をいたわるのと同様に
歯のトリートメントを受けることができます。

保険のクリーニングでも歯のツルツル感は感じていただけますが
トリートメントを使用した後はそれ以上の歯のツヤを実感していただけると思います!!
ご興味がある方は、お気軽にスタッフまでお声がけくださいね

歯周病ケア2018年8月17日

みなさんこんにちは☀️

大田区大森北の沢田通り歯科 衛生士の橋本です。

 

みなさんは定期的に歯科医院に通っていますか?

痛いところが無いのになんで通う必要があるの?と疑問に思われる方も多いのではないかと思います。

たしかに虫歯は痛くなってから歯科医院に行っても治すことが可能です。

しかし!歯周病が原因で痛みが出た場合…完全に治すことはほぼ不可能です😭

では、歯周病とは一体どんな病気なのかを少しお話したいと思います。

 

人間の歯には根っこがあり、その根っこが硬い顎の骨に埋まっています。

そのため硬いものを食べたりしても歯はビクともしません👄

しかし、歯磨きが不十分だったり、定期的に歯科医院でのケアをしていないと、お口の中の汚れである歯垢(プラーク)や歯石がどんどん溜まって、その中に住み着いている細菌が顎の骨を溶かしてしまいます…。

支えとなっていた顎の骨が溶けると歯はグラグラになり、最終的には抜けてしまいます😱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが歯周病です。

歯周病は日本人成人の約80%もの方がかかっていると言われています。

歯周病は痛みがなく進行していく上に、一度進行してしまうとなかなか元には戻せない怖い病気です。

 

歯周病の予防や進行抑制には、皆さん自身が行うセルフケアと、
私たち歯科衛生士が行うプロケアの2種類のケアが必要です。

また、それら2つのケアを並行して行うことがとても大切です🌸

 

私たち歯科衛生士は皆さんのお口の中のお掃除であるプロケアをするとともに、皆さんがより効果的なセルフケアを行うための手助けをしていきます!

 

今は痛みがないから…と歯科医院に長年行っていない方。

よりご自分のお口の中を綺麗にケアしていきたいと思っている方。

これを機に、ぜひ一度お越しください😳

「食べる」ことは「生きる」こと2018年8月13日

大田区大森北の沢田通り歯科の歯科衛生士の吉川です。

8/1 の開院以来、多くの患者さまにいらして頂き大変嬉しく、院長の治療を最大限に成功に導いていけるよう頑張っていこうと思っています!

 

私は、歯科衛生士として、

「食べる」ことは「生きる」ことで命を扱うことだと心がけています。

お口の病気は予防できることであり生活習慣にも深くかかわっています。患者さんのライフスタイルに合わせて続けられるオーラルケアをご提案できるようにしています。

 

定期的に患者さんを診させていただいていくことで、お口の中の小さな変化に気付くことが出来ます。

 

歯科衛生士という仕事をするにあたり「患者さんに食事を美味しく食べられるようになった」と笑顔が見れたときはとてもやりがいを感じることができます。

 

今まで患者さんから言われて嬉しかったことは、

ごはんが美味しく食べられるようになりました!」と初めて聞くことがでた時、「来院するようになってから歯を大事にするようになりました」との言葉をいただき歯科衛生士のやりがいを感じました。

これからも患者さまが健康で明るい毎日を過ごして頂けるよう努力していきますので、どうぞよろしくお願い致します!

衛生士って?2018年8月10日

大田区大森北の沢田通り歯科 衛生士の橋本です。

 

こんにちは、皆さんは衛生士の仕事にどんなものがあるかご存知ですか?

よく患者さんに『衛生士と助手って何が違うの?』と聞かれます。

ですので、今日は衛生士の仕事内容についてお話ししようと思います🌟

 

1 歯科診療の補助

歯科診療は、歯科医師を中心としたチーム医療です。その中で、衛生士は医師の指示を受けて治療の一部を担当するなど、歯科医師との協働で患者さんの診療にあたります。

 

2 予防・クリーニング

人が歯を失う原因の90%が「むし歯」と「歯周病」です。この二つを歯科の二大疾患といい、成人の多くが罹患しています。つまり、むし歯と歯周病を予防することができれば、自分の歯を一生保つことができるのです❗️

 

3 保健指導

むし歯や歯周病は生活習慣病です。そのため、治療よりも予防、さらに、本人自らが生活習慣を改善することが大切であり、正しい生活習慣やセルフケアを実行するための専門的な支援(指導)が不可欠です。

 

そしてもう一つ、衛生士として大切な仕事が、患者さんに寄り添うことです。もしドクターに言いづらいことや、例えばこんなこと聞いたら恥ずかしい、など何でも構いません。私たちに相談して頂いて、少しでも皆さんのお役に立てたらと思っています。

 

是非皆さん私たちに会いに来て、お口の悩みを少しでも解決して下さいね😊